分かってみればどうということはない

2011年生まれ息子(2024中受)とリーマンパパの生活雑記帳

資格勉強で三日坊主処方箋「みんチャレ」をやってみた

f:id:gfg07120:20211127130212p:plain

先日IT資格を目指した記事を書きましたが、資格勉強は結構範囲はどでかく、勉強を習慣化しないとじぇんじぇん進みません。
そんなとき、とある漫画で紹介された3日防止撲滅アプリ「みんちゃれ」をやってみましたので、良かったところをご紹介したいと思います!

きっかけ

ドラゴン桜2第10巻を読んでいた際、東大を目指す学生が
「テスト後に家で休んで寝るような奴は東大に落ちる!」
というシーンから始まる78限目で、三日坊主を撲滅するアプリとして話が出て初めて知りました。
ちなみに落ちる理由は「勉強を毎日の習慣にできていない」「勉強やる日やらない日を作っている」からだそうです。

f:id:gfg07120:20211127135816j:plain
出典:ドラゴン桜2コミックス10巻より

↓こちらでその箇所が見れます

みんチャレとは

f:id:gfg07120:20211127140715j:plain

出典:ドラゴン桜2コミックス10巻より

匿名5人で目的(勉強やダイエットなど)に沿ったチームを組んで、日々やった成果を写真で共有しあい、相互監視しながら励まし合いながら習慣を身につけていくアプリです。
励ますしかけとして、「すごい!」「やった!」など褒め褒めスタンプ豊富で、基本無料で使えます。(現時点も課金していません)
みんチャレ - みんなと続ける習慣化アプリ

みんチャレ - みんなと続ける習慣化アプリ

  • A10 Lab Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

よかった点

自分以外の人に見られる継続効果が凄い

自分にはとことん甘くなれますが、他の人に見られるだけで「外面モード」が発動して日々やる意識が上がりました。
また、成果を投稿する写真に仲間から反応がくるのも、ツイッターやFacebookの承認欲求と一緒でモチベが上がります。
逆に、成果を投稿しないとサボっているのが周りに一目瞭然なのもグッドで、外面モード発動中だと自然と投稿するようになりました。
自分の意志力は世の中で一番信用してはならないと聞きますがその通りかなっと。

でもゆるいチームもあるので安心

「成果投稿に反応しないやつは死」とかそういうお作法あるかもで最初はこわごわでしたが、皆がゆるゆるで成果を出し合うハードルが低いチームもあり、最初はそうしたチームでやりました。この場合自分のペースで成果を上げていればOKなので、周りから白い目などそういうストレスはなくできます。
仲間の成果の反応にも、いちいち言葉考えずとも、無料スタンプポンでもOKなので結構気軽でした。
ただ一定期間投稿しないとチームを強制退出される仕掛けなのでそういった一線はしっかりあります。

メンバから新たな情報がひろえる

今回、資格試験のチームに入りましたが、テスト申し込みが始まったときや、有効な情報サイトの情報など共有してくれる人がいて結構助かりました。
また、資格は勉強法にとかく悩みましたが、他の人がどういう勉強をしているかも、成果の写真を見ることですごく参考になります。

おわりに

漫画の中で「自分を変えるのは思考じゃないテクノロジーだ」というシーンがありますが、甘々な自分でうんうん考えたり、即効で忘れて何も行動しない自己啓発本読むよりも、こういうテクノロジーは活用しないテはないなと思いました。いい時代になったものです。