分かってみればどうということはない

生活の雑記帳。子供とでかけたところや遊んだものなど。

湯巡りが出来る伊豆長岡温泉「吉春」に行ってきました

色々な温泉の湯巡りが出来る「吉春」に家族3人で行ってきました。宿泊者は無料で入れる露天風呂が5種類もあり色々温泉に入って来た感想をご紹介します。

湯巡りの宿「吉春」とは

5つの無料の貸し切り風呂の湯巡りが楽しめる温泉宿です。家族共々温泉が大好きなので、色々な温泉が楽しめると思いチョイスしました。

f:id:gfg07120:20190201162023j:plain

www.izunagaoka-yoshiharu.co.jp

アクセス

最寄り駅は「伊豆長岡駅」で電車で三島から伊豆箱根鉄道で行きました(三島からは約25分)。残念ながら送迎バスは無いので駅からタクシーを使いました(1010円)

チェックイン

フロントで立ちながら事務的に行う形でなく、座りながらウェルカムドリンクをいただきながらチェックインできました。また昔ながらに女中さんが部屋まで案内して部屋でも丁寧に説明いただきこれだけでも十分おもてなしに癒されました。

f:id:gfg07120:20190201162405j:plain

お部屋の様子

和の情緒がたっぷりの和室に泊まりました。ちなみに、ベッドが無い和室だと子供がすぐにベッドでトランポリンをしないのでカミさんの機嫌が悪くならないのも○。

f:id:gfg07120:20190201163846j:plain

貸し切り無料露天風呂

さてくつろいだ後で目的である5つの貸し切り露天風呂へ突撃しました。

利用方法&特徴

  • 空いていたら入れる予約不要(予約不可)システム
  • 時間は無制限
  • 貸し切りなので家族で(周囲に気にせず)入れます
  • 部屋はそんなに広くないので露天の開放感よりは景観を楽しむスタイル
  • 行きたい風呂に先約がいても待機場所の足湯でぼ~とまてます↓

f:id:gfg07120:20190201170244j:plain

おりーぶの湯

先ず空いていたおりーぶの湯に行きました。ジャグジーバスになっていて、情緒を楽しむよりは近代的なジャグジー機能を楽しむ感じです。

f:id:gfg07120:20190201170701j:plain

さくらの湯

御影石のお風呂です。1月末に行ったのでさくらは見えませんでしたが、こういうお風呂の方が異空間に来た感じで非現実に浸れました。

f:id:gfg07120:20190201171752j:plain

はーぶの湯

ライオンの彫像がお湯を出すスタイルの洋風バスです。ここもおりーぶと同様風呂桶が人工的な感じがちょっとマイナス。

f:id:gfg07120:20190201173550j:plain

こもれびの湯

五右衛門風呂と7~8人は入れる露天風呂と2つあり結構広いお風呂です。これだけ広い空間を貸し切っているとかなり得した気分でした。

f:id:gfg07120:20190202080313j:plain

f:id:gfg07120:20190202080324j:plain

もくれんの湯

ひのき風呂です。小さな庭を見ながら木の香りに包まれて現実から離れられた感がありました

f:id:gfg07120:20190202075542j:plain

時間がないときは?

リピート時のメモとしてもし5つ入る時間が無いときは以下の優先順位で入ろうと思います。こもれびは一番広く景観と空間支配欲を満たせるので、次来るときでも必ずまたいきたいなと思います。

こもれび>さくら>もくれん>おりーぶ=はーぶ

貸し切り風呂以外のお風呂は?

大浴場としても露天風呂が2種類あります。(せきれいの湯 つわぶきの湯)
ただし、19:00で男女入れ替えが発生するので、
19:00以降に大浴場に行くと1種類しか入れません。
19:00前にチェックインしたら先ず大浴場に行った方がよいと思いました。

f:id:gfg07120:20190201204303j:plain

おわりに

実は階段が多く移動がちとかかる難点はありますが、スタンダードな部屋プランにもかかわらず目玉の無料貸し切り露天5つと露天付大浴場が2つと7つの風呂が追加料金無く楽しめるのは大満足でした(実際は6つでしたが(泣))。

また、タクシー来たらお出迎え、着いたらウェルカムドリンク、記帳したらスタッフが部屋まで案内して部屋で色々説明してくれる昔ならではのスタイルは、昨今の効率化の時勢忘れさせてくれるように懐かしくおもてなしに浸れました。
友人にオススメできる宿だと思います