分かってみればどうということはない

生活の雑記帳。子供とでかけたところや遊んだものなど。

LAMY万年筆を初めて買ったときのこと

 

基本筆記具はボールペンで、万年筆など見向きもしなかったのですが、ついつい衝動買いしたときのことをご紹介したいと思います。

f:id:gfg07120:20130420091021j:plain

万年筆についての印象とネット記事の影響

基本実用性を優先しがちなので

  • 手入れが必要(放置するとインクがでなくなります)
  • 一色しか使えない
  • 高い
  • ノック式ではないからキャップを外す手間が要る(ノック式もありますが)

という特徴がある万年筆は殆ど使ったことがありませんでした。

ただ、文具に興味があるとどうしても万年筆の良さを訴える記事が目に入り

  • ヌルヌル感で筆圧を入れなくても書ける
  • 書いた文字に人間味がある
  • 人前に出して恥ずかしくない

という長所もあることを知りました。

買ってみた感想

以下の記事を読んでいたら、送料無料で安かった(2458円)のもありついスイッチを押されてLAMY万年筆を購入。

bamka.info

 

使ったみた感想としては

  • 極細(EF)のものにしましたが、スタイルフィット0.38mmより当然太い。
  • LAMY製の特徴っぽいですが、そこそこ筆圧が要る。

とつい欠点が見えがちでしたが先日

文字を見返すと確かに文字に表情があるように見える

ことに気づき少し愛着が湧き始めました。

毛嫌いせずに色々使ってみていいところや使い所を自分なりに見極めていきたいと思います。 

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ スケルトン L12-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品