分かってみればどうということはない

サピックスで2024年中学受験を目指す息子と理系リーマンパパの生活雑記帳

「ゼロ秒思考」の中田さん紹介動画がためになった話

f:id:gfg07120:20220402100734p:plain

マッキンゼーのエリートが考えた悩みや問題の解決ツールとして「ゼロ秒思考」というメモ書きの本が累計30万部以上のベストセラーになっています。本はこちら。

 

私も仕事で色々ツッコミを受けて頭が真っ白になる機会が多くなり、赤羽さんの本を読み漁っていたときにこの本にめぐり逢いました。

 

ゼロ秒思考のメモ書きのやり方としては、

  • A4用紙を用意して横向きにする
  • 左上に悩みや問題のタイトルを書く(右上に日付を書く)
  • タイトルに対して思いつくことや解決法を4〜6行箇条書きする
  • A4 1枚を1分のペースでどんどん書いていく

といった紙とペンさえあればできるドシンプルなものです。

 

これを実際やると

「自分思考が文字で客観視」

できるので、

頭でもやもやしていた思考が文字でクリアになり、その文字を見ることでまた頭が勝手に考え出して、次やるアクションが見えるようになります。


最初やったときは効果が絶大で心底びっくりしました。

 

んで、先日Youtubeをつらつら見ていたら、中田さんの動画でも「悩みを解決するツール」としてガッツリ紹介されていました。


www.youtube.com


www.youtube.com

特に人の悩みには

  • 「悩みを外に出さずずっと我慢している」
  • 「悩みを外に出すが考えずにずっともやもやしている」
  • 「悩みを外に出してどうしようか考えるがずっと堂々めぐりしている」

の3段階があり、今どの段階にあるかをゼロ秒思考のメモ書きで見える化していく中田さんの独特な説明はとても参考になりました。

 

悩み解決ノウハウなんて社会の荒波に必須スキルのような気がしますが、今の義務教育で登場するとは今後とても思えないので、子供にも参考になったものはどんどん布教していきたいと思います。

'