分かってみればどうということはない

サピックスで2024年中学受験を目指す息子と理系リーマンパパの生活雑記帳

第65回駒場東邦文化祭に行ってきた

昨年は抽選ハズレましたが、今年はなんとか当選できたので子供と行ってきました。予定している方に参考になりそうなところご紹介したいと思います。

参加団体のチェック

「KOMAFESxx」と検索すると頁がヒットします。2022年度は65回目なので、xxには65が入ります。学校公式頁にもバナーが出ていました。
子供と行きたいところと場所を事前チェックするのが良いと思います。特に団体名だけだと何をやっているかわからないところもあるので写真でチェックしました。
 
なお、展示場所の地図がサイトには現在なかったので、当日受付でもらうパンフレットの地図を見て移動経路を色々検討しました・・・

池尻大橋駅から学校へ行く道の注意

GoogleMap通りに行けば良いのですが、何故か下図の赤の緑道の方へ曲がる家族が多くてついていったところ
迷いました(集団で)
病院の中に行ける道があるそうなのですが、初見はGoogleMap通りが良かったと思います。

コンピュータ系の展示狙いたいとき

一見すると「コンピュータ同好会」のようなものが現在無いのですが、
「物理部」に行くと、部員作成したコンピュータゲームが複数楽しめたり
「メディアアート研究会」に行くと、プログラムでCGを作る説明などもらえます。
他にもあると思いますが、コンピュータがどの活動にも溶け込んでいる感じでした。

おわりに

親子でインドア系なので、文化部や同好会いろいろ回れ中には記念品(奇術研究会の合格トランプや物理部の自作UFOキャッチャー景品)ももらえてなかなか印象についたようでした。
これからますます受験勉強が厳しくなるので、モチベの一つになれればと思うコノゴロでゴザイマス。