分かってみればどうということはない

サピックスα1で2024年中学受験を目指した息子と理系リーマンパパの生活雑記帳

聖光学院6月の中1保護者会に行ってきた②~キャンプ編

前回の勉強編に引き続き、7月下旬に行く「キャンプ」の伝達事項の内容メモになります。

 

キャンプの場所

  • 斑尾高原(昔は猪苗代湖周辺だったが震災後に移動)
  • スキー場を学校が買い取った。
  • スキー場の食堂は屋根もあって、雷雨などでも生徒も避難できる
  • 神奈川から車で約4時間の距離

何をやる?

  • 3泊4日のガチキャンプ生活。
  • テントは中2が作って、高1が片付けてくれるので中1は設置・片付け無し。
  • 本格的に飯ごうでご飯を炊く(3夜全て)
    • 多少にんじんを切ったり、ご飯の水の量を図る練習も(見ているだけだと嫌われる)
  • 昼間は、SUP(ボードの上に立って漕いで水面を進む)、トラッキング(山歩き)、紙すき体験をやる
  • 最終日は善光寺にも行く(お土産も買う)

トラブル時の親のタスク

  • 子供が体調不良になったときキャンプ場へのお迎え
    • ペーパードライバーのお母さんがレンタカーで来たことも
    • 救援者保険でお金がでる
    • でも心が折れて帰る場合は自腹になる
  • 遅刻したときは自腹で新幹線で最寄り駅へ
    • 10分までならまてるが、30分まではまてない
    • 駅からキャンプ場は迎えにきてくれる

持ち物関連メモあれこれ

  • 寝袋(15.6K)、エアーマット(5~11K)、デカリュック(5.6K)は購入要。
    • 学校が購買してくれるが、手持ちのもの使ってもOK。
  • 長袖が必要(標高800mで朝20度を切る)
  • 長ズボン必須(山の中でブユが多く短パンでは刺される)
  • いらない靴(SUP[水上ボート乗]で池に落ちたとき素足では危険)
  • はんごう炊きの煙防止用にゴーグルをつける子がそこそこいた。
  • 自炊用具は学校が準備するので不要
  • 現地では麦茶を常時支給される
  • スマホは学校と一緒でOKだけど、充電環境は無い
    • モバイルバッテリー持ってくるのは自由
  • お金は数千円持たす(自販機、最終日の善光寺の昼飯、お土産)

おわりに

「遅刻したら自腹で現地へ」「体調不良になったら親は迎えに」「虫たくさんいるのでお覚悟を」「キャンプ用品高いけど準備してね」的なところが、ヅガンとインパクトありました。キャンプは子供も初なので無事で帰宅してきて欲しいものです・・・