分かってみればどうということはない

サピックスで2024年中学受験を目指す息子と理系リーマンパパの生活雑記帳

【小5サピックス】保護者向け説明動画メモ~秋以降の話など

先日紹介した小5夏サピックスの保護者向け動画には夏期講習以外の話もあり、そこで気づいた点のメモになります。

算数

  • 分野別問題週「ベイシック」の確認テストが1枚ペラで出るようになる。
  • 「例題」で考え方を定着→「ステップ」で理解度確認→「チャレンジ」で応用問題に取り組ませて基礎力を定着させる流れ。
  • 試験範囲表等は配布されない。基礎単元なので「とけるよね?」的なものらしい

国語

  • 語彙の定着が肝なので言葉に興味を持たせる工夫をするのがよい。何故その漢字になるか語源を調べるのも手。
  • 読解は汎用性と客観性が大事。
    • 汎用性は例えば、「自分の立場だと親の行動が嫌だったが、後半親の立場がわかると共感できる」というのは一つのパターン。習ったことをつなぎ合わせて「前の話と展開が同じだね?」と気づかせる
    • 客観性は自分の感想に当てはめて回答してしまい失点するケースが多い。登場人物の気持ちに寄り添うこと。

理科

  • 夏期講習後から浮力のが出る。目に見えないので苦手な人が多い。実際矢印で書いてしまうとイメージしやすい。
  • 溶解度など計算が必要な単元が増えている。特に算数の「割合」と関係するので、そっちの問題を理解しておくと点がとりやすい。

社会

  • 世の中のことを家庭で会話するのが大事。子供が変なことを言ってもスルーしない。なんでそう考えたの?と聞いてみる。
  • 読み方によっては通用しない答え(フェエン現象など)があるので注意。しったかせずに素直に書くこと。
  • 秋から始まる歴史については以下。

www.nomulog.com

その他

9/4に志望校判定サピックスオープンがある。
  • 全10校の判定ができるので、幅広く書ける。
  • 目指す中学を4つと、参考にしたい中学をテストまでに決めておく
  • 合格20~80まで10%刻みで出る

おわりに

志望校判定の話がついに出てきて、「合格率ほにゃららパーセント」とかを見せられる日が刻一刻と近づくようです。二月の勝者のクロッキー曰く「親は俳優たれ」ですが、精神の安定が保てるか自信ガガガ・・・