分かってみればどうということはない

2011年生まれ息子とリーマンパパの生活雑記帳。

iPad proとapple pencilを購入したら考えたり振り返る習慣が増えたこと

これまで、iPadは子供向けの脳トレアプリ用としてしか使っていなかったのですが、先日iPad proとApple Pencilを購入しました。
当初は資格勉強用だったのですが、それ以来色々考えたり振り返る習慣が増えてきたので、そのときの経緯を残したいと思います。

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)

iPad proを購入したきっかけ

元々資格勉強をするため参考書とノートの従来スタイルでやっていたのですが、分厚くて重い参考書を持ち歩くモチベーションが沸かずどんどんやらない日々が継続。
そんなある日、iPad画面をスプリットビューにして(左右に画面に分けて)、左に電子書籍の参考書、右にノート(+Apple Pencilで書く)という勉強スタイルしている動画を見て衝撃を受け消費税が上がるというタイミングもあり購入しました。
(まぁ、失敗してもApple製品ならまた売れるでしょうというのもありました。)

kissanadu.com

www.youtube.com

左画面にInput 右画面outputというスタイルが珠玉

早速ノートアプリ(Good Note5)を購入して、動画やネットのやり方を試してみたのですが、これがすこぶる良い。参考書をただ読んだり、マーカーで引いているだけでは全く頭に入らないことも多くなかったのですが、右側にノート画面があるというだけで、

左側で得たものを右側に書きたい!

という欲望が確実に働くようになりました。

また、参考書のみならず、読んだ本やネットサーフィンにもこのやり方は応用できるので、本当にただただ眺めて何も残らなかった過去に比べ、何か自分フィルタで残そうとする意識が見栄えるようになったのは驚きでした。

f:id:gfg07120:20200126215959j:plain

GoodNotes 5

GoodNotes 5

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥980

ノートアプリによる考える習慣が増えた

f:id:gfg07120:20200127214314j:plain

物事を深く考えて本質的な発言ができるようになりたかったので、以前有名な赤羽さんの「0秒思考」シリーズを読み漁りました。このとき本で良くでてくる「考えることとは書くこと」を実践したことがあるのですが、

  • A4紙とペンが必要
  • 書いた紙の保管が必要

というハードルがあり結局いくつか書いただけで続きませんでした・・・
これが、iPadとpencilさえあれば

  • カフェにいるちょっとした時間でもできるようになり、
  • ノートアプリのおかげで保管も管理もかなり楽にできるようになり

ボトルネックとなっていたものが外れ、今更ながら少しずつ再開できるようになりました。

自分のoutputだと見直したい意識が芽生える

f:id:gfg07120:20200127214135j:plain

さらにノートアプリで色々つらつらと考えを書いていると

せっかく書いたんだからまとめて見直したい

というモチベーションまでひょっこり出てきました。
この「見直す」というテーマ。実は、ライフログ系に興味を持ってから一通り情報はevernoteなどに入れているのですが、

入れても全く見直さない

状態がほぼ10年くらい続いており、ほぼゴミダメの情報と化してました。

この私としては、チョモランマに登るくらい難易度が高い「見直す」というテーマだったのですが、iPad/pencilの環境で芽生えてきたのも嬉しい限りでした。

振り返ってみたのですが、他の人が作った情報をコピペで保存している状態では全く芽生えませんでしたが、「自分で書いたアウトプット」というものが背中を押してくれたのではと思います。

一応気になる点も

いいこと尽くめのiPad proとapple pencil環境ですが、気になることとしては

やっぱり重い(約650g)

です。かばんにノートPCと一緒に入れると結構存在感が出る重さです。
スプリットビューを使わないメモ書きなら、iPad miniの重さが理想なんですが、apple pencilが非互換なんでここらへんは今後のラインナップに期待ですね。

おわりに

iPadとApple pencilは久しぶりに生活スタイルに影響を与えてくれました。iPadをご検討されている方など、何かのご参考になりましたら幸いです。