分かってみればどうということはない

生活の雑記帳。子供と遊んだもの、買ったもの、食べたものなど

三箇所の遊具とミュージアムまである等々力緑地に行ってきました

東横線沿線「武蔵小杉駅」から徒歩圏内で大きい遊具がある公園ということで小1の息子といってきました。行ってみると、遊具は沢山ある上に市民ミュージアムもあり、たっぷり楽しめる場所でしたので、レビューとともに感想をご紹介します!

等々力緑地とは

www.city.kawasaki.jp

神奈川県川崎市の等々力にある総合公園です。遊具やアスレチックの他に、博物館や陸上競技場、体育館、野球場、プールなどスポーツ施設も立地しています。

アクセス

 

「武蔵小杉駅」から市営バス「溝03、04、05、杉40」系統(1番のりば)または東急バス「溝02」系統(2番のりば)でいけます。下車駅は「市営等々力グランド入口」または「市営等々力グランド前」。歩くと20分くらいの距離です。

武蔵小杉駅から公園まで

今回は南口を出て二ヶ領用水沿いの緑道を歩きました。とても気持ちいい散歩コースだそうで、桜の季節にも歩いてみたいものです。

f:id:gfg07120:20180504103226j:plain

f:id:gfg07120:20180504104153j:plain 遊び場1「子供の遊び場」

等々力緑地には遊具のある遊び場が3つあります。

その一つの「子供の遊び場」に行きました。

frontale一色の大きな遊具にブランコや砂場など低学年までの対象とした公園で、

物足りなかったようでうちの子も15分くらいで次に行くことにしました。

f:id:gfg07120:20180504111523j:plain

遊び場2「催し物広場」

大きな広場の脇に横一線に細長く大きな遊具が色々並びあれこれ楽しんでいました。

名前の通り様々なイベントが開催されるようです。

f:id:gfg07120:20180504113341j:plain

f:id:gfg07120:20180504114017j:plain

f:id:gfg07120:20180504114602j:plain

市民ミュージアム

3つ目の遊具の場所を目指す手前に市民ミュージアムを発見。子供向けの鉄道の催し物をたまたま無料でやっていたので子供と色々体験してきました。歴史物や近代的アートも色々あり大人も十分楽しめる内容です。

f:id:gfg07120:20180504122703j:plain

 

f:id:gfg07120:20180504124037j:plain

f:id:gfg07120:20180504124435j:plain

遊び場3「ふるさとの森」

森の名の通り、森林浴が出来るエリアです。子供向け遊具も勿論てんこ盛りであり、滑り台やら雲梯やら小学生や小さいお子さんが大勢いました。

f:id:gfg07120:20180504125312j:plainf:id:gfg07120:20180504130759j:plain

f:id:gfg07120:20180504133851j:plain

 

いこいの広場

さて帰ろうかと進んだ先にあった「いこいの広場」に寄ってみました。

湖を眺めながらベンチが沢山あるので次はここでお弁当にしようかなと思います!

f:id:gfg07120:20180504132054j:plain

f:id:gfg07120:20180504132638j:plain

おわりに

遊び場が三箇所もあり色々移動しながら、新しい刺激の遊具が色々楽しめた上、市民ミュージアムでは子供鉄道系イベントにも参加でき息子も大満足な一日でした。駅からバスor徒歩20分というところですが、天気の良い日にまたリピート予定です。