分かってみればどうということはない

生活の雑記帳。子供と遊んだもの、買ったもの、食べたものなど

【温泉】【レビュー】箱根の森おかだ

先日箱根温泉につかってのんびりしようというフラグが立って、家族で「箱根の森 おかだ」に行ってきました。選択理由は、楽天で一泊朝夕付きで露天があって15000円くらいなところでえいや的に。結果的には露天含め色々温泉に浸かれて良かったのですが、色々反省事項もあったので以下回想録を。

120813_145954_000.jpg

●「ホテルおかだ」と「箱根の森おかだ」間違え事件

 箱根には「おかだ」という温泉が当然一つだけあるものだと思っていましたが、

ホテルおかだ」と「箱根の森おかだ」と2つあります。

箱根湯本から周回バスで「ホテルおかだ」についてチェックインしようとした際に受付の人に指摘されて露見。いやぁ数人規模での温泉企画でこのミスしたら、立ち直れませんね・・但しホテルの人に「箱根の森おかだ」まで車で送っていただいたので大変助かりました(車で数分の距離ですが標高が高い場所にあり)。なお「箱根の森おかだ」は「ホテルおかだ」よりはそこそこ古い作りのため、「ホテルおかだ」のホームページ等を見て宿を間違ってイメージしてしまうと期待が裏切られる等要注意かと思います。

●お部屋雑感

4Fのなでしこという部屋を割り当てていただきました。4Fにエレベーターで上がるとちょっと古くさいかおりが漂います。ホテル外観はややふるめだったので警戒しましたが、中は夫婦+乳幼児でこの部屋の広さは満足(布団ひきはセルフサービス)。ただ、残念だったのが景色。片側は建屋の目の前で、もう片方は何やら抜粋しているかちょっと生活臭が出てきて自然に溶け込むにはハードルが高い感じが。なお、おまけ的ですが部屋の前のたぬきの置物が可くカミさんにヒットしていました。★★★☆☆

120813_150643_000.jpg120813_150646_000.jpg

120813_153005_000.jpg120813_154233_000.jpg

●温泉での注意点

温泉の特典としては「湯の里」の温泉も「ホテルおかだ」の温泉も入り放題なのですが・・・

温泉が別建屋のためそこそこ移動が必要です!

一番ネックなのは「ホテルおかだ」の温泉に入る場合。一旦外に出て結構な坂を降りる(当然帰るときは上がる)必要があり、足腰の悪いご年配の方がご一緒の場合は避けた方が良い場所だと思います。これにはカミさんにも不評でした(>_<)なお「湯の里」の方は「箱根の森」と3Fが渡り廊下で繋がっているため遠さは前者ほどではありませんでした。

120813_155705_000.jpg120813_155121_000.jpg

ただそれを差し引いたとしても色々な温泉を堪能できるメリットは大きいかなと。特に「湯の里」は野天岩風呂、プラズマ湯、打たせ湯、泡風呂、ジェット風呂と各種取り揃っており個人的にも楽しめました。「湯の里」か「ホテルおかだ」かの順番としては、「湯の里」は一般客も昼間はごった返していたため深夜か早朝に攻めて、ホテル客が多い「ホテルおかだ」の風呂を昼間に攻める形が空いていて良いかと思います。

【上がホテルおかだ 下が湯の里おかだ の入り口】

120813_172508_000.jpg120813_211350_000.jpg

【補足】ホテルおかだには野外「足湯」もあり浸かってきました。周囲の山々の緑が目に飛び込んでくる景色であり、日々の都会の喧騒を忘れさせてもらえました。

120813_164113_000.jpg120813_162443_000.jpg

●食事

夕食は普通でした。特に可もなく不可もなく。参考までに写真を。

120813_183941_000.jpg120813_184325_000.jpg

120813_184320_000.jpg120813_184316_000.jpg

こちらは朝食の完全和風バイキング。コーヒーを期待すると裏切られます(ありません)ので注意。

120814_083101_000.jpg120814_081001_000.jpg

●プール

湯の里に行くときに横切るのですが、昼間は大混雑でした。

写真は早朝のもの。カミさんがお風呂の間、子守しながら景色を鑑賞していました。

120814_064154_000.jpg120814_064514_000.jpg

【↓ちなみに湯の里には休憩ルームもあり漫画も】

120814_063437_000.jpg120814_065222_000.jpg

●総括

 若干古いのと温泉までの距離がネック。ただ温泉は色々楽しめるのでそこが気にならなければ。ただ一泊朝夕付15000円のレベルがまだわかりませんが、次は別の場所に行って比べてみたいなと。