分かってみればどうということはない

2011年生まれ息子とリーマンパパの生活雑記帳。

三ツ池公園に家族で行ってきて良かったこと3つ

鶴見市にある「三ツ池公園」に家族で行ってきました。桜のシーズンでもあり、この公園を検討している方の参考になるように実際行ってきて良かった点をご紹介したいと思います!

f:id:gfg07120:20200322112055j:plain

 三ツ池公園に行って良かった点3つ

  1. 大きな公園なのでたっぷり半日楽しめます!
  2. 遊具とすべり台が充実していて子供大満足!
  3. 78種1600本の桜を鑑賞できます!

f:id:gfg07120:20200322112638j:plain

1.広い公園なのでたっぷり半日楽しめます

公園自体が大きく約30ヘクタールと東京ドーム約6個分の広さの公園です。

名前の通り3つの池があり、景観を楽しみながら散歩するのが心地よかったです。

キツすぎずユルすぎず適度にアップダウンがあるのでいい運動にもなりました。

f:id:gfg07120:20200322140142j:plain

2.遊具とすべり台が充実していて子供が大満足

普通の公園には無い滑り台が2つあります。

先ず長い長い滑り台。休日だけあって結構順番待ちしてましたが滑りやすさが爽快で何度もせがまれました。

f:id:gfg07120:20200322133436j:plain

次に、一度に大勢がすべれる滑り台。
お尻が擦れるので100均等でヒップソリを持っていくといいです。
近くの売店でも売っていますが500円でした・・・

f:id:gfg07120:20200322125706j:plain

他にもアスレチックや小さい子向けの小さな滑り台もあり、池の周りに点在しているので、あちこち移動しながらその場の遊具を遊ぶのが飽きっぽい子供には好評でした。

3.78種1600本の桜を鑑賞できる

まだ3/22ではまだ三分咲きでしたが、それでも随所の桜が見事でした!

f:id:gfg07120:20200322123533j:plain

この公園はさくらの名所100選にも選ばれており、78品種1600本のさくらが時期をずらせて楽しめます。家族連れの他に高そうな一眼レフを持たれて撮影されている方も随所にいらっしゃいました。

f:id:gfg07120:20200322112907j:plain

おわりに

参考までにアクセスです。
新横浜駅か鶴見駅からバスで「三ツ池公園北口」下車徒歩3分の距離になります。
なお、車の場合無料駐車場があり、スペースがとても広いです(55台までOK)。

www.kanagawaparks.com

時期をずらすとその時々の色々な桜が楽しめる公園なので、4月もリピートしようと考えています。ご検討されている方に何かの参考になりましたら幸いです。

f:id:gfg07120:20200322140430j:plain

 

県立相模原公園は景観が良くて試し撮りにもってこい

相模原市にある「県立相模原公園」に2歳児と一緒に行ってきました。
実際行ってきた様子などご紹介したいと思います。

f:id:gfg07120:20200302233042j:plain

アクセス

残念ながら駅から徒歩では厳しい距離のため、車が無い場合はバスになります。
我が家は相模大野駅からバスで行きました。20分ほどです。

www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp

中の様子

遊具などはなく景観を楽しむ感じの公園でした。噴水や植物園等もあり、一周ぐるっと周るとウォーキングには適度な距離だと思います。 

f:id:gfg07120:20200302234436j:plain

f:id:gfg07120:20200302233622j:plain

f:id:gfg07120:20200302233810j:plain

f:id:gfg07120:20200302233854j:plain

f:id:gfg07120:20200302234233j:plain
熱帯温室もあり無料で楽しめました。

f:id:gfg07120:20200302234049j:plain

f:id:gfg07120:20200302234149j:plain

f:id:gfg07120:20200302234208j:plain

おわりに

カメラで撮りたい景色も多いので、試し撮りにも良い場所かとかと思います。

 

ミラーレス一眼カメラ初心者が陥った失敗談

先日旅行した際にミラーレス一眼カメラで撮した写真で結構ダメージを受ける失敗をしました。熟達者の方なら常識だと思うのですが、何かのご参考になるよう失敗談をご紹介したいと思います・・

失敗談とは?

旅行先で撮した写真に斑点がついていて旅行中の写真が殆どおじゃんになりました!

旅から帰って自宅で何百マイと撮った写真全てが同じ現象だったのでダメージが計り知れなかったです・・・ 

f:id:gfg07120:20190202103207j:plain

原因は?

イメージセンサーに付着したホコリによるようです。

ミラーレス一眼は特にホコリが入りやすい設計のため、レンズ交換の際に
・無防備で長時間イメージセンサー部を露出していたり
・カメラを上にしてレンズ交換すると(ホコリが下に落ちる)
ホコリが入るリスクがガクンと上がるそうな。

f:id:gfg07120:20181110112823j:plain

対策は?

ミラーレスとホコリをキーワードに調べると、色々動画を発見。


ミラーレスに変えてから、レンズ交換のときに気を付けるポイント、カメラのセンサーにゴミが入らないレンズ交換方法 Sony α7Riiiレンズ交換 / カメラ初心者のコツ【イルコ・スタイル#183】

今後レンズ交換時はカメラをちゃんと下向きにしてレンズを交換することにしました。
この動画は参考になりました。感謝です。

なおホコリ自体は素人では取るのが難しいようなのでサービスセンターでお願いしました。購入して1年以内だったので無償サービスだったのも嬉しい限り。

f:id:gfg07120:20190222103745j:plain

おわりに

ミラーレスは一眼レフに比べると軽いので旅先では重宝しているのですが、ホコリが入って写真が全滅にならないよう何かのご参考になりましたら幸いです。
ちなみに、今回のミラーレスカメラはα6000でのものになります。

【2019年末】よみうりランドに親子で行ってきたので1日の行動をブログでご紹介します

前回の記事の続きで、小2の息子と家族で行った当日編になります。実際行ったタイムスケジュールや雑感など、参考になるように残しておきたいと思います。

www.nomulog.com

行った日は年末12/29の土曜日で、開場から突撃して子供が喜ぶアトラクションを乗り夜はジュエリミネーションを鑑賞する流れです。(子供が小さいのもあり、バンデッドなど絶叫系は行っていません、)

アトラクション戦略

ネット情報よりTOP5は以下とのことなので、家族が行きたい1.2.4を空いているAMに突き抜ける方針としました。

  1. スプラッシュUFO(グッジョバ)
  2. スピンランウェイ(グッジョバ)
  3. バンデット
  4. ゴーカート
  5. お化け屋敷

yomilanlife.com

9:30 入場

準備編の通り、京王よみうりランド駅よりゴンドラで行きました。
ジェットコースターの中を通るゴンドラは家族でもなかなか高評価でした。

f:id:gfg07120:20191228092657j:plain

9:30~9:32 ワークショップ整理券

今回はマイUFOファクトリーのワークショップに行くプランだったため、整理券を予約。お土産のカップやきそばが荷物になるのと、17:00からジュエリミネーションのため、15:30で予約をいれました。

9:32~9:50 ①スプラッシュUFO

先ずは混みやすいグッジョバのスプラッシュUFOを目指します。
流石に9:30入場だと15分待ち程度でアトラクションに乗れました。

f:id:gfg07120:20191228101839j:plain

9:50~10:10 ②スピンランウェイ

コミコミアトラクションNo2のスピンランウェイに突撃。
まだこの時間帯でも15分待ちで乗れました。

f:id:gfg07120:20191228094431j:plain

10:10~10:30 ③カスタムガレージ

次は免許の無い子供にとって運転できることが人気のカスタムガレージへ。
基本子供はこっちをやりたがりますが、①②は時間が経つとすぐに混むので早めに行った方が良いと思います。この時間でもほぼ待ち時間ゼロで乗れました。
ここは乗車後に家族写真を撮ってくれるサービスがあるので好きです。

f:id:gfg07120:20191228102351j:plain

10:30~10:45 ④マイレーシング

車をデザインした上にさらにレースゲームまでできるという、これも子供に人気のあるアトラクションです。ここもこの時間帯で待ちましです。f:id:gfg07120:20191228103504j:plain

10:45~10:55 ⑤くるくるコンパス ⑥えんぴつタワー

グッジョバにあるミニアトラクション。
待ち無しだったのでせっかくなので色々乗りましょうと。
二人乗りなのでパパはもちろんカメラ係りです。 

f:id:gfg07120:20191228104415j:plain

10:55~11:05 ⑦知恵比べたまごろー

赤と青に分かれてミニゲームで得点を競いあう、なかなか他のテーマパークには無い独自性の強いアトラクション。ミニゲームが子供に人気で必ず行っています。

ただし、朝早すぎて赤青対戦できる人が集まりませんでした(>o<)

対戦した方が盛り上がるのでここは夕方に行くと決めた方が良いかもしれません。

f:id:gfg07120:20191228105838j:plain

11:05~11:10 グリーディングw

たまたまマスコットキャラと遭遇でき子供と写真とってもらいました。
朝早いからか待ちゼロでした。
TDLで長蛇の列を並んでいる経験があるとお得感が半端無いです。

f:id:gfg07120:20191228110656j:plain

11:15~11:30 ⑧わんでっと

混まない内にゴーカートに行きたかったので、グッジョバエリアを後にして遊園地エリアに移動しました。(今思えば、④の後にすぐに移動した方がもっと空いていたと思います)子供向けジェットコースターも昼は結構並びますが、AMなら10分程度で乗れました。

f:id:gfg07120:20191228111954j:plain

 11:30~12:10 ⑨ゴーカート

さすがに昼前のこの時間ではTOP5のアトラクションだけあって30分待ち。
子供大好きのアトラクションなので次回からは早めに来た方が良さそうです。

f:id:gfg07120:20191228120553j:plain

12:10~12:25 ⑩ヒーロートレーニングセンター

家族で協力プレイできるので来ると大抵行っています。10分待ちくらいでしたが、ミッション4で失敗(>o<)

f:id:gfg07120:20191228123020j:plain

12:25~12:40 (11)ミルキーウェイ

f:id:gfg07120:20191228123400j:plain

12:40~13:10 (12)ジャイアントスカイリバー

風が強いと一時的に止まるので15分待ち表示でしたが実際は25分待ちくらいに。
強風の時間帯は並ぶのを見送った方が良さそうです。

f:id:gfg07120:20191228131402j:plain

13:15~13:30 (13)ハシビロGO

今日は空いていたので家族で初トライ。
海賊船アトラクションのようにアーチタイムでいったりきたりするものは非常に酔うので敬遠していたんですが、これは上下の移動の他に左右の揺れもあるためか比較的平衡感覚の酔いが少なかったです。これはリピできるなと再確認。

f:id:gfg07120:20191228124457j:plain

13:40~14:10 わなげ→(14)ヒーロートレーニングセンター 2回目

フラッグストリートのわなげをやったあと、ヒーロートレーニングセンター再チャレンジ。ミッション4は超えましたが最後のミッション8がいつも失敗してしまいます・・・

14:10~14:25 (15)大観覧車

ジュエリミネーションが始まらないと、昼下がりでも殆ど待ちはいない状態でした。

f:id:gfg07120:20191228141405j:plain

14:30~15:00 (16)スイーツカップ (17)けしっぴー

ファミリーエリアの小さい子供向けアトラクションに乗る。小2になると少し物足りなさそうでした。

15:00~15:20 (18)(19)アニマルレスキュー×2

男の子大好きな敵を撃って得点を競うもの。
TDSのトイ・ストーリー・マニアだとFPすらとれなかったりしますが、よみうりランドなら10分で出来ました。息子リクエストで2回連続やって66000点くらい。

f:id:gfg07120:20191228151033j:plain

15:30~16:30 (20)マイUFOファクトリー

15:30の整理券で入場。結構混んでいて、順番待ちや絵を書いたりするとだいたい1時間くらい滞在しました。ジュエリミネーションを考えると15:30からで正解だったと思います。右は冬季限定バージョン。

f:id:gfg07120:20191228154730j:plain

16:35~16:55 知恵比べたまごろー2回目

夕方はバッチリ人が集まって、赤青の対戦形式になりました。

f:id:gfg07120:20191228164210j:plain

17:00~19:30 ジュエリミネーション

以下アクアエリアで噴水ショーをやっていたので鑑賞しました。
前列は座れるので野外用のシートなどを持っていくと良いと思います。
後この季節は凍る寒さなので防寒対策もあると良いかと。

  • 17:30 ラ・フォンテーヌ
  • 18:15 エーゲ海の輝き
  • 18:45 シルエット
  • 19:15 花火

f:id:gfg07120:20191228191055j:plain

f:id:gfg07120:20191228191226j:plain

20:00~ 退園

土曜日なのに空いていたおかげで20個ほどアトラクションが乗れて子供も満足な一日でした。なお、ジュエルミネーションのこの時間だとゴンドラが50分待ちとアナウンスされていたので、帰りゴンドラを計画される方は時間をずらした方が良いと思います。

f:id:gfg07120:20191228200235j:plain

【体験談】伊豆高原にある赤沢温泉ホテルは露天風呂が多くてオススメです

伊豆の温泉宿を探していたところ露天風呂が多い温泉宿だったので、家族で行ってきました。実際行ってきたちょっとした感想などご紹介したいと思います!

赤沢温泉ホテルとは

伊豆高原にあるコスメやサプリ製造のDHCが経営する温泉リゾートホテルです。温泉だけでなく、DHCならではの癒やしのエステや、テニス、ボウリング、スパ、フィットネスクラブ、プールなど多種用意された宿泊施設になります。

www.izuakazawa.jp

アクセス

伊豆急行線「伊豆高原駅」から無料送迎バスが出ています(約15分)。

バスの時刻表は以下公式サイトをご参照下さい

ちなみに我が家は以下でご紹介したテディベア・ミュージアムからタクシーで移動しました。料金は1810円ほどの距離です。 

www.nomulog.com

ホテルの様子

ロビーでは太平洋を見ながらゆったりできる席がありました。

f:id:gfg07120:20181109163411j:plain

ホテル定番のお土産屋もあります

f:id:gfg07120:20181109162653j:plain

伊豆赤沢海洋深層水の紹介を見ながら部屋へ移動

f:id:gfg07120:20181109163612j:plain

お部屋到着。太平洋ビューが楽しめます。

f:id:gfg07120:20181109163911j:plain

f:id:gfg07120:20181110095011j:plain

ビール自販機あり。当然ですがやや山の上価格。

f:id:gfg07120:20181109174046j:plain

夕食は館が違うため車で移動になります。
スタッフに声をかけると迎えに来てくれました。

f:id:gfg07120:20181109185043j:plain

居酒屋チックな「赤沢亭」で夕ご飯

f:id:gfg07120:20181109200317j:plain

f:id:gfg07120:20181109190428j:plain

f:id:gfg07120:20181109191600j:plain

f:id:gfg07120:20181109185218j:plain

お食事の後は当然メインおお風呂!
案内の通り宿泊ホテルには露天が3F/4Fと屋上と2つ楽しめます。
公式の通り、どちらもガラスや壁がない大開放な露天風呂で開放感に浸れました!
さらに、サウナ、ジャグジー、打たせ湯など種類も豊富でリピート確定です。

さらにさらに「日帰り温泉館」でも別の露天風呂が楽しめます。
通常露天といえば1つあればいい方ですが流石にこの数は嬉しい悲鳴でした。

www.izuakazawa.jp

f:id:gfg07120:20181109203743j:plain

一晩開けて朝食ビュッフェ。健康をテーマとする会社だけあって、体に良さそうなメニューが並んでいました。

f:id:gfg07120:20181110090844j:plain

f:id:gfg07120:20181110090932j:plain

おわりに

開放感溢れ海も一望できる露天が3種も体験できる、温泉好きにはたまらないホテルだと思います。色々オススメポイントご紹介しましたが、一応気になったところも以下ご紹介します。参考になりましたら幸いです。

  • 南館に泊まると移動が大変でした。温泉/食事など本館への移動が必要となり、移動には連絡通路がある階にいって連絡通路渡ってまたエレベーターで上がって移動するなど、ご高齢の方がいる場合は考えた方がいいかと思います。
  • 夕食が別建屋の居酒屋への移動のため、浴衣から着替える必要があります。
  • 朝食バイキングがかなり混んでいたので、早めに行くのが良いと思います。

【体験談】伊豆テディベア・ミュージアムに行ってきました。中の様子は?滞在時間は?

家族の中で可愛い熊熱が高いのもあり、伊豆にある「テディベア・ミュージアム」に行ってきました。実際に行ってきた中の様子などご紹介したいと思います!

テディベア・ミュージアムとは

静岡県伊東市にあるテディベアの美術館です。テディベアの名の通り限定作品を中心とした1000体の熊さんが展示され、メルヘンの世界にタイムシフトできるそうな。

f:id:gfg07120:20181109151738j:plain

アクセス

伊豆急行線「伊豆高原駅」から徒歩10分程度の距離です。雨が降っていたのもあり、タクシーで移動しましたが700円ほどで到着。

料金

大人1080円。小学生640円。小学生未満は無料です。
なお、以下のクーポンをスマホで見せるだけで200円引きなので行かれるかたは是非使った方が良いと思います。(2019年11月時点)

tokutoku-coupon.jp

伊豆高原駅からお出迎え

既に駅に到着して改札に向かう途中からくまさんが展示されていました。

f:id:gfg07120:20181109150716j:plain

f:id:gfg07120:20181109150833j:plain

中の様子

トトロ展もやっていたため入り口前にトトロが!
雨も降っていたのでとても似合っていました。

f:id:gfg07120:20181109151746j:plain

受付も当然くまさんがお出迎え

f:id:gfg07120:20181109151835j:plain

テディガール。シュタイフ社が当時(1940年代)に生産した数少ない1体らしい。

f:id:gfg07120:20181109152045j:plain

テディベアエキスプレス(左)

f:id:gfg07120:20181109152235j:plain

中も実に凝っています。

f:id:gfg07120:20181109152628j:plain

楽しげなメリーゴーランド

f:id:gfg07120:20181109155229j:plain

2Fに登るとトトロ展をやっていました。

f:id:gfg07120:20181109153157j:plain

写真台まで付いているネコバス撮影スポット。

f:id:gfg07120:20181109153545j:plain

天井にぬも~といらっしゃるトトロ。存在感フルマックスです。

f:id:gfg07120:20181109154654j:plain

おわりに

滞在時間はだいたい50分くらいでした。
1F~2Fと見て回る形で終了なのでこじんまりとしていますが、
メルヘンチックなくまさんを色々見れるので家族には好評でした。
駅から宿に行くにはちと早いときなどちょうどよい場所かなと思います。

【体験談】八景島シーパラダイスに親子で行ってきたので1日をご紹介

前回の準備編の続きで、八景島シーパラダイスの行動を時系列で見どころや感想をご紹介します。

www.nomulog.com

9:52 八景島駅~入場

9:30開場なのですが、あまり早起きしても体力が持たないので10:00着くらいで予定を組みました。

f:id:gfg07120:20190914095221j:plain

駅からはほぼ一本道な上、殆どの人がシーパラに向かうため迷うことはありませんでした。

f:id:gfg07120:20190914095616j:plain

10:03 チケット売り場

前回ご紹介の通りファミマの引換券のおかげで待ちゼロでワンデーパスをゲット。
なお、先日の台風のため以下は運休とのこと。その代わりに「デッ海」などのアトラクションがワンデーパスがあればFreeになっていました。(本来は300円ほど追加料金が必要になります)

f:id:gfg07120:20190914100412j:plain

10:10 アクアミュージアム入場

まずは10:30の1Fのイワシショーと、11:00からの5Fイルカショーを抑えるため、アクアミュージアムに入場。

f:id:gfg07120:20190914095815j:plain

1Fイワシショーまですぐなので、1Fで時間を潰す作戦。記念写真サービスがあったので並んで撮ってもらいました。ミニ写真は無料でもらえますが、データ付きで1300円で購入になります。

f:id:gfg07120:20190914101311j:plain

10:30 イワシショー(1F)

10分くらい前からイワシの水槽の目に人が集まり始めました。暗くなった後に、音楽と一緒にイワシの幻想的な群れの行進が鑑賞できます。一糸乱れぬ群れの演出は見事の一言。

f:id:gfg07120:20190914102541j:plain

11:00 イルカショー(5F)

イルカショーはギリギリでは席がなくなるそうなので、イワシショーを観終わった後はアクアチューブ(水槽の中を進むエスカレーター)で3Fに行った後、色々観たがる息子を我慢させて一気に5Fへ進みます。ダッシュのおかげか、AMだからか15分前では以下の通りお席は余裕でした。

f:id:gfg07120:20190914103051j:plain

イルカショーはあちこちの水族館で観てきましたが、なんとシーパラではマジックをやってくれるもよよう。企画こってますね。

f:id:gfg07120:20190914105355j:plain

お客様が選んだ玉の色を当てたり

f:id:gfg07120:20190914110012j:plain

お客が選んだ絵を当てたり披露してくれました。
シーパラのショーはお客との双方向を意識した演出がとても良いとネットで評判だったのですが、とてもうなずける内容でした。

f:id:gfg07120:20190914111226j:plain

11:30~ アクアミュージアムの他の階へ

ダッシュで5Fに移動して殆ど中を観ていないので、1Fに戻って見学やり直し。

ホッキョクグマ、ペンギン、カメ、カニ、サメ、深海魚、クラゲなどをウォッチング。ただ見せるだけでなくて、ヒトデなど触らせてくたり、餌やりをさせてくれたりとお客が楽しませる工夫が色々ありました。

f:id:gfg07120:20190914121042j:plain

12:20 ドルフィンファンタジー

アクアミュージアムの鑑賞が終わると既にお昼を回っていました。
次はミュージアムの側にあるドルフィンファンタジーへ。
見上げるような視点でイルカの様子が鑑賞でき海底散歩をしているような感覚に浸れます。ドラえもん映画の海底鬼岩城で海底冒険を楽しんでいたのび太達を羨ましがっていた子供の頃の感覚が蘇りました。

ちなみに、施設は大きくないので10分くらいで見れます。

www.seaparadise.co.jp

f:id:gfg07120:20190914122327j:plain

12:35 うみファーム

ここには息子が大好きな釣り堀があり、さらに釣った魚を料理してくれるので、お昼はここで食べようと決めていました。

f:id:gfg07120:20190914125112j:plain

ただし注意点としては
釣った魚は全てお買い上げ

が必要になります。このため無尽蔵に釣ってしまうと大ダメージを受けます。

釣り堀の料金について

先ず釣る人一人につき620円。
そして、釣る人1人に付き大人1名まで付添で入れます。(2名付添では入れません)
ただし、大人が入れなくても鑑賞エリア(1番の釣り堀)から近いところで、釣れば十分撮影が可能なので大きな問題はありませんでした。

f:id:gfg07120:20190914125244j:plain

で、先程のお魚さんのお代金ですが一匹250円でした。
今回はアジだけでしたが、公式より鯛もあるそうです。(そして鯛のお値段も結構するそうです・・・)
f:id:gfg07120:20190914125241j:plain

お金を心配するほど釣れるのか?

子供でもかんたんに釣れました。
結構いれぐいに近いくらい竿を入れて少し待つとひっかかる感じでした。
なので、釣る魚の数をちゃんと決めて息子に言っておく必要がありそうです。
あと、帰る人が残りの餌をばらまいて帰ることが多いので、その側で釣るとヒット率が多かったです。集まってくれたのかもしれません。

13:00 昼食(からっとキッチン2)

さて、お昼のおかずもゲットできたので、釣った魚を料理してくれる「からっとキッチン2」に行って釣ったアジを調理してもらいました。

4匹釣ったので、丼1バーガー1唐揚げ2で注文。

f:id:gfg07120:20190914125812j:plain

で、待つこと40分ほどやっとゲット。
やっぱり皆さん

f:id:gfg07120:20190914133438j:plain

アジは一尾で唐揚げ2つ分。
バーガーや丼は自分で盛り付けするスタイルです。
4尾(8つ)の唐揚げがあっという間になくなってしまったので、一人2尾くらいの計算で釣ってもよかったかもと思ってます。

14:00 ふれあいラグーン

さて、お腹も膨れたので、最後の水族館施設「ふれあいラグーン」に来ました。
ちなみに、ここで既に14:00で、ワンデーパス買ったのにアトラクション乗れるのかしらという一抹の不安も・・・

f:id:gfg07120:20190914140310j:plain

入り口入ると、フレンドリーサークルというふれあいのステージがあり、左側にはイルカのふれあいの場。あと見つけづらかったのですが、地図の最左に箱メガネで魚が見れる「サカナリーフ」があります。
右側にもついつい行きそうになるのですが、ホテルとカフェがあるだけです。

f:id:gfg07120:20190914144504j:plain

ペンギンさんとと触れ合わせてもらったり

f:id:gfg07120:20190914143116j:plain

ヒトデやなまことも触れ合いました。(サカナリーフは行きたがっていましたが、基本足元が濡れてしまうので今回はパス)

f:id:gfg07120:20190914142325j:plain

15:10 アクアライドⅡ

さて水族館の4つの施設全部回ったところでなんと15:00。
せっかくワンデーパス購入したので、アクアミュージアム近くのアクアライドに行きました。水流の中を円形ボートで進むアトラクションで、濡れる警告もあります。

なお、ふれあいラグーンからなら「シーパラダイスタワー」が近かったので、そっちを先ず先に行くべきだったと後で気づきます・・・

f:id:gfg07120:20190914153438j:plain

15:40 デッ海

ここら辺でカミさんはグロッキーになったので、息子が行きたがっていた立体迷路アトラクションに二人でトライ

f:id:gfg07120:20190914165158j:plain

これが結構歯ごたえがある作りで、スタンプの場所は発見できないわ、アスレチックはおじさんにはハードだわで子供は大喜びでしたが親は結構ゼーゼーハーハー。無理に全員で参加せずとも疲れた人は近くのベンチで休むスタイルの方がいいと思いました。

f:id:gfg07120:20190914155138j:plain

17:00 回る系のアトラクション

とにかく回る系のアトラクションが多い印象でした。

先ず以下は酒樽が回るアトラクション「ドランケンバレル」。お約束のように中のハンドルでも回せるので、回しすぎると漏れなく素敵な状態になれます。

f:id:gfg07120:20190914170016j:plain

飛行機が回るアトラクション「レッドバロン」。
一人で乗った方が高く飛べるそうな。

f:id:gfg07120:20190914173219j:plain

おなじみメリーゴーランド

f:id:gfg07120:20190914175731j:plain

この他にも、タコが回ったり、ピーターパンの船が回ったりとよくここまで回る系をそろえたなというくらい数があります。

18:15 イルカショー再び

イルカショーの夜版があるので、せっかくなのでミュージアムに戻りました。開演15分前に到着しましたが、座席が空いておらず立ち見に・・

ただ、夜版は「映像」と「音楽」がふんだんに使われたイルカショーが堪能でき疲れを忘れさせてくれました。

f:id:gfg07120:20190914180950j:plain

1930 退場

ショーの後はお土産屋を観つつ帰宅の途に付きました。

f:id:gfg07120:20190914192948j:plain

おわりに

いかがでしたでしょうか。シーパラに行く際になにかのご参考になりましたら幸いです。我が家は今回の振り返りとして、水族館だけでほぼ15:00までかかった点と、アトラクションは回る系がとても多いため、次回はワンデーパスではなく水族館パスだけにするのもありかなと思いました。

1年ぶりにキッザニアに行って気づいたこと

職業を通じて色々興味を持ってもらいたい思いから年に1回程度息子を連れてキッザニア(東京)に行っています。今回も1年ぶりくらいにキッザニアに行きましたが、気がついたことをご紹介したいと思います。

f:id:gfg07120:20190901090343j:plain

キッザニアとは

こども達があこがれの仕事を楽しみながら社会の仕組みを学べる場所です。

お値段はちと高い(休日で小学生4600円、大人1850円)のですが、銀行やらスタッフの対応やらどんなに幼い子供でも大人の一員としてスタッフが扱ってもらえるので、自立心を育む意味で親としてもこの場所は気に入っております。

息子が5歳のとき写真の新聞記者体験したところ、記事ネタを写真で撮ったあとパソコンとキーボードの前に座らせて「さあ記事を書いて下さい」とミッションを与えたときは結構びっくりしました。

www.kidzania.jp

気がついたこと1~激戦アクティビティ登場

キッザニアといえばキングオブ人気の「お菓子工場」を筆頭に「はんこ屋」「メガネショップ」などが激戦アクティビティとして有名ですが、新たに「ゲーム会社」が激戦登場していました。

19年7月からオープンしたようで、キングのハイチュウ(お菓子工場)と同じくらいの早さで受付終了になっているようです。

当然我々も受付出来ず、次回のお楽しみになりました。

f:id:gfg07120:20190901112538j:plain

気づいたこと2~iPhone XS画質でも厳しかった

キッザニアで親がやることといえば子供の写真を取りまくる ことですが、キッザニア内の特徴といえば画質泣かせの薄暗いこと。

昨年までは明るいレンズのデジタル一眼で撮っていたのですが、デジタル一眼は重くて肩が砕けるのと、iPhone XSは暗所にも強くなったという話を聞いたので今回iPhoneXSだけで突入。

iPhone XSスマホ撮影は大変身軽で、カミさんにもすぐ写真共有が出来て利便性は格段に上がったのですがズーム撮影するとシロートでもわかるくらいのぼやけ画質でした。

トーシロで気づいてしまうレベルなので、次回はやっぱりカメラも持っていこうと思ってます。

f:id:gfg07120:20190901145738j:plain

Studio Aliceのビジネスに恐れいりやの鬼子母神

そろそろ子供が1歳ということで、色々衣装を着せてもらえるStudio Aliceに初めて行ってきました。ご経験ある方は当たり前なのですが、その恐るべきビジネスモデルに驚愕。粗だらけですが個人的な感想をご紹介します。

IMG_4714.jpg 

どんな衣装を何枚着て何枚撮っても撮影料は一定

どんな衣装を着ても何枚撮っても撮影料(3150円:当時)は一定です。

このためお客は気に入ったドレスやらスーツやら着ぐるみやら好きなだけ来て撮りたくなります。実際3着位来ていろいろ写真を撮っていただきました。

でも撮った写真の著作権はStudio側

つまり写真を自分のものにして持ち帰るには一枚数千円以上の印刷代が必要となります。じゃあ高いからいらないとなれば良いのですが、前の「色々な衣装で沢山撮ってしまった」ことが足かせになります。

「ここでしか着れないようなキレイで可愛い服を着た子供」を目の前に見せられると「せっかくだから回路」が働き財布の紐がゆるゆるになりがちになります。

さらに購入しないと撮影データは破棄

さらにトドメなのが当日購入する意思を告げないと残りの撮ったデータは廃棄されることです。購入すれば2年間保存され1年後にはデータとして購入することが可能ですが、たまたま子供の可愛い写真が撮れてしまうと一期一会地獄に悩まされます。

我が家はどうなったか?

我が家の場合は写真は1枚だけ撮るつもりが最終的には3枚になりました。

途中で子供が大泣きして若干目が涙で赤くなったのも購買に結びつかず幸い(!)でした。

お陰でこども写真はこういうものだということが体験出来ましたので、次回からは色々戦略を立てて臨もうと思います。といっても、本当にいい写真は一生ものですからケチるのもそれはそれで死に金なのかもしれません。

【2019年体験談】熱川バナナワニ園に行ってきた

温泉地伊豆熱川にある熱川バナナワニ園に小二の息子と家族で行ってきました。

名前では「バナナ」と「ワニ」がテーマの動植物園のように見えますが、実際には熱帯系植物の展示も多数あり、それぞれ子供も楽しめるようにクイズや驚かせる説明文がついていたりととても工夫が感じられた場所でした。

今回はこのバナナワニ園のレビューや感想とともにおすすめポイントをご紹介します。

熱川バナナワニ園とは

温泉の熱を利用してワニ・レッサーパンダ・熱帯性植物を主に扱う動植物園です。

目玉は以下。

  • 飼育しているワニの種類は世界一で17種約140頭。
  • 日本で唯一の「ニシレッサーパンダ」の飼育・繁殖を行っている
  • 日本で唯一「アマゾンマナティー(ジュゴンのような水棲哺乳類)」を飼育
  • 栽培されている熱帯植物は約5,000種、20種のバナナも育てている。

f:id:gfg07120:20190715133848j:plain

アクセス

伊豆熱川駅から徒歩1分!

改札口右の階段を登るとすぐに前方の建屋が視界に入ります。

車が無い家族はとても助かります。ちょっと観光地行くとタクシーうん千円なので。

f:id:gfg07120:20190715122736j:plain

料金

大人・・・1800円

子供・・・800円

なお、伊豆熱川駅の窓口でも売っているので、窓口が空いていれば購入しておくとスムーズに入場できると思います。

勿論割引クーポンはあります。詳細はこちらを参考にしました。

f:id:gfg07120:20190715122713j:plain

熱川バナナワニ園の構成

ワニ園・植物園・分園(レッサーパンダ等がいる)と別れており、分園には送迎バスで移動します。それぞれの見どころは以下です。ちなみに、植物園→ワニ園→分園の順番で行きました。

  • 植物園・・・熱帯植物、アマゾンマナティー、睡蓮、広い
  • ワニ園・・・ワニ、熱帯魚、一番すぐに回れる
  • 分園・・・レッサーパンダ、バナナ、フラミンゴ、ゾウガメ、熱帯果樹、広い

 植物園の様子

 当然屋根付きなので雨の日でも問題ありません。

f:id:gfg07120:20190715123334j:plain

道沿いに黒いパイプが。多分温泉の熱を利用しているのでしょう。

f:id:gfg07120:20190715123537j:plain

珍しい植物はこうやって説明があって興味をかきたててくれます

f:id:gfg07120:20190715123456j:plain

目玉の一つアマゾンマナティー。アマゾン川に生息して、川が氾濫する雨季に森に入って「植物」を食べる草食系とのこと。

f:id:gfg07120:20190715124252j:plain

最近一般家庭でも流行りらしい食虫植物もありました。ウツボカズラ多めです。

f:id:gfg07120:20190715124650j:plain

個人的に一番キレイだった熱帯性睡蓮。温泉熱を利用して周年開花するよう管理されているそうです。

f:id:gfg07120:20190715130547j:plain

f:id:gfg07120:20190715130729j:plain

f:id:gfg07120:20190715130752j:plain

2mを超す葉っぱのオオオニバスです。学名が「ビクトリアアマゾニカ」という水生植物の女王様の異名も持っています。葉の上で記念撮影するイベントもあるそうです。

f:id:gfg07120:20190715131203j:plain

ワニ園の様子

ワニ園だけあって、そこかしこにワニを観ることが出来ます。

感想としては動かん!

時間が止まっているように微動だにしませんでした。

ネットを観ると口を開けているワニさんとかもあるんですけど、

今回は皆背景のように動いていない印象が強かったです

f:id:gfg07120:20190715134048j:plain

ワニには種類があり口元が細いのが「ガヒアル型」だそうです。

f:id:gfg07120:20190715134436j:plain

爬虫類の目が生き物美を感じさせます

f:id:gfg07120:20190715134812j:plain

なかなかの水中のサイレントハンターっぷり
f:id:gfg07120:20190715135049j:plain

ワニ園が終わるのお土産屋。

マスコットキャラクター「バニ男」のTシャツが取り揃えられてました。

f:id:gfg07120:20190715140656j:plain

分園の様子

最後はレッサーパンダがいる分園に移動。前述の通りバスでの移動となります。

バスにデコレーションしてある3人がなかなかおもしろい。

f:id:gfg07120:20190715141443j:plain

植物園をこえると目玉のレッサーパンダがいました。

f:id:gfg07120:20190715150315j:plain

f:id:gfg07120:20190715151809j:plain

昨年も三つ子で誕生したそうです。

f:id:gfg07120:20190715150713j:plain

木々の上で休んでいるところも。カメラの望遠能力が乏しい・・・

f:id:gfg07120:20190715152307j:plain

お次はバナナ園。熟れる前のバナナはなかなか新鮮。
f:id:gfg07120:20190715152624j:plain

f:id:gfg07120:20190715152720j:plain

植物園というと子供はすぐに飽きてしまいますが、随所にクイズ形式の看板があり興味をひきつけさせてくれていました。

f:id:gfg07120:20190715153205j:plain

熱帯果実エリアへ。パパイヤやマンゴーが見れます。

f:id:gfg07120:20190715153345j:plain

f:id:gfg07120:20190715153733j:plain

果実園の温室を抜けるとフラミンゴの池へ。一本足の姿が凛々しい。

f:id:gfg07120:20190715153951j:plain

ゾウガメさん。ふれあいイベントで子供が乗ることも出来るそうです。

f:id:gfg07120:20190715154437j:plain

パーラーの様子

分園には歩き疲れた方のために?お土産屋2Fにパーラーがあります。フルーツサンド(1000円)とパフェ(750円)を注文。スイーツ系以外にも軽食もちゃんとあります。

f:id:gfg07120:20190715145211j:plain

f:id:gfg07120:20190715142908j:plain

f:id:gfg07120:20190715143312j:plain

滞在時間は?

以下の流れでだいたい3.5hくらいでした。

  • 12:30 植物園入園
  • 13:40 ワニ園入園
  • 14:15 分園に移動
  • 14:30 パーラーで休憩
  • 15:00 分園入園
  • 16:00 本園に戻る

まとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

車でなく電車で伊豆へ温泉旅行に行く際には、このバナナワニ園は駅に近くて子供も楽しめるいい候補値になると思いました。

全体的に温室での移動が多いので涼しめの季節や、ゾウガメ乗りや葉っぱ乗りのイベントがあるときを狙うのが良いと思います。